院長 小林 大介 の毎日更新ブログ
ご覧いただきありがとうございます!

当院は完全予約制の治療院で
すべて自由診療「保険を使わない施術」

1回でも変化がわかる
『保険治療では得られない効果』をご実感ください。

新規予約の方は、1日2名まで。

 

【10月の休診】
・水曜午後 学校講師のため
・10/1(木)〜10/6(火)
地方出張のため

 

2020/10/12  No.748

■  疲労回復の方法は実にシンプルです。
慢性疲労と東洋医学

 

 

 

日曜日の昨日

朝から公園へ行き
ガソリンを入れて、そのまま神宮へ。

 

七五三で混雑していて
駐車するのにも15分くらいはかかりました。
(まだ早いほうか?)

 

 

 

参拝して
安産のお守りを買って

おみくじを引いて…

 

ヤマダ電機へ行って(笑)

 

 

 

西区のいつものお店で
醤油やら調味料を買って…

 

 

 

 

最後に、すっかり食材を切ることに
ハマってしまった長男のために
子どもナイフを買って…

 

 

 

 

帰宅後は
クタクタのクタクタ…

 

 

 

 

 

 

 

 

公園でも、神宮でも
元気な子ども達がたくさんいて
日中は僕も元気そのものでしたが

 

 

夕方にかけて
エネルギー切れ…

 

 

 

 

 

 

ここ最近
忙しくさせてもらっていたので

 

時々、こうしてパタっと
電池が切れたようにグッタリします(笑)

 

 

 

 

 

「疲労」ってよく使う言葉だけど
どんなものなのか?

また、どうやって対処したら良いのか?

 

 

 

 

 

こんなデータがありましたよ。

 

1998年、厚生労働省の疫学調査にて

約60%の人が
「疲労感を自覚している」との結果があるみたい。

 

 

 

しかも、そのうち37%の人が
6ヵ月以上も疲れを感じている

「慢性疲労」とのこと。

 

 

 

 

 

ということは…

 

3人に1人以上は
慢性疲労ってこと。

 

 

 

 

 

これって、結構…
やばくないですか…?

 

 

 

 

 

 

ただ、こんなに多くの人が
体感している「慢性疲労」も

実際には、メカニズムは
よくわかっていないようです。

 

 

 

 

 

 

疲労とは
心身が消耗し回復のための
休息を必要としている状態

というのが定説で

 

 

 

 

実は疲労を感じているのは
「カラダ」ではなく「脳」

疲れが出てくると
脳が活動水準を下げて
いろんな症状を出すなんて話もあります。

 

 

 

 

これは、カラダを休ませるため、守るための
「警告」とか「サイン」ってことですね!

 

 

 

だから
「疲労は病気ではない」というのが一般的。

 

 

一応、慢性疲労症候群なんてものがありますが
それについてはこちらの記事で詳しく書いています。

2020年6月1日
「慢性疲労」に「症候群」とかつけないで

「慢性疲労」に「症候群」とかつけないで

 

 

 

 

東洋医学では
疲労という現象をどう捉えているのか?

 

 

これね、めっちゃ奥が深いというか
色々ありすぎて…

 

とてもとても上手に書き切れませんが…

 

 

 

 

 

「氣・血・津液(水)」
き・けつ・しんえき

という体内をめぐるエネルギーがあって
これらが不調和を起こすと

 

病気になったり、疲労が強くなったりする。

 

 

 

 

例えば

血行が良い人と、悪い人
どっちが元気か?

 

もちろん、血行が良い人ですよね?

 

 

 

 

 

 

例えば、摂取した水分が
きちんと代謝してうまく全身に行き渡る人

そうでない人

 

どっちが元気な人か?

 

 

 

もちろん全身に行き渡る人

 

 

 

 

 

 

だから
生命活動をコントロールするための
「氣・血・津液(水)」が

しっかりと全身を巡っている方がいいんです。
(当たり前すぎですが笑)

 

 

 

でも、これくらいシンプルに
答えに近いことを言われると
対策もしやすいですよね!

 

 

 

 

「氣」は

「血」と「津液」を
統合する生命エネルギー

 

 

 

 

 

「血」は

カラダに栄養を運び
不要な物を回収する

 

 

 

 

 

「津液」は

内臓をめぐる水分で
「血」の原料になる

 

 

 

 

 

 

これらの流れ・働きを整えると
疲労が回復しやすい

 

 

 

たったこれだけのこと。

 

 

 

 

 

 

しっかりと栄養を摂り

水分も摂り

 

 

カラダに必要な物を吸収させて
不要な物を排泄させて

 

キレイな水で「血液」を作っていくと

 

 

「氣」が整う

 

 

「氣」が高まる

 

 

 

 

 

 

 

 

元氣になる!!!!!

 

 

 

 

 

はい、だから僕は疲れたら
電解水素水を飲んで早めに寝る。

で、翌朝スッキリ!!

 

 

 

当たり前のことをすれば
カラダは変わります。

 

 

 

良いことをすれば良くなるし

悪いことをすれば悪くなります。

 

 

 

わかっちゃいるけど

もっと早く治りたい

もっと早く変わりたい

 

って横着になるから
裏技のような甘い話に飛びついちゃうんです。

 

 

 

だからね、もう

普通にいきましょう?(笑)

 

 

 

治んないだよね〜

って…

 

 

 

そこまで言う程
良くなるためのことに
全力を注いでいないでしょ?

 

 

 

 

楽なものばかりに飛び付かずに

自分の子どもに
健康の大切を説いていくように

 

 

自分も、ただただ
当たり前をやればいいでけですよ!

 

 

 

 

 

 

当院は治療だけではなく

家庭で出来る健康法や
食事や水の大切さを伝えています。

毎月、オンラインで無料説明会を
実施しています!!

 

詳細はこちらの記事から
ご覧ください!

 

3人コラボだからできる!未来を作る「水の説明会」

 

 

……………………………………………………
365日メルマガ配信中!!
ブログ記事がメールで届く!

こばやし治療院メルマガ


【病気を見るな、人を見ろ】


ご登録はこちらから

登録後に不要になった際は
すぐに配信解除ができますので
ご安心ください。

 

もし、毎日受信されない場合は
再度アドレスをご確認の上、ご登録下さい。

長期的にエラーリストに載っているアドレスは
やむなく定期的に削除しております。

 

または(icloud/docomo)は
迷惑メール設定により受信されない場合もあります。
設定のご確認をお願い申し上げます。

 

当院の施術案内&料金案内はこちら

料金案内

 

☎︎:011-299-9952

「ブログを見て電話しました」
と、お電話ください。

 

【 こばやし治療院LINE 】から
お問い合わせも可能です。

友だち追加
「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

〒001-0016
札幌市北区16条西4丁目2-1LEE北16条ビル

1F地下鉄南北線 北18条駅
北18条西3丁目1番出口
(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口
(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分