院長 小林 大介 の毎日更新ブログ
ご覧いただきありがとうございます!

当院は完全予約制の治療院で
すべて自由診療「保険を使わない施術」

1回でも変化がわかる
『保険治療では得られない効果』をご実感ください。

新規予約の方は、1日2名まで。

 

【10月の休診】
・水曜午後 学校講師のため
・10/1(木)〜10/6(火)
地方出張のため

 

2020/10/18  No.754

■  かなりの確率で当てはまる
右側の腰痛、首肩の痛み

 

 

 

土曜日の昨日

土曜日の最終受付は16時です。

 

 

やっぱり
土曜しか来れない人も多いので
競争率高めの曜日です!

 

 

 

 

 

昨日もまるで健康相談所

 

 

腰痛、セルフケア
腸内環境、便秘、水分の摂り方

 

 

視力の左右差と頭痛、首こり

 

 

疲労と肝機能

 

 

砂糖と冷え性

 

 

農薬と回復力

 

 

腎臓と耳鳴り

 

 

 

それから

健康診断結果を
お持ちいただくことも多い治療院です。

 

 

 

もう一個ずつ拾えば
ブログのネタも尽きないくらいですが…(笑)

 

 

 

今日はとりあえず
「肝」の話でもしようかと思います。

 

 

 

肝臓はカラダの
「解毒・分解」を担う臓器

右側の脇腹あたりにあります。

 


 

ほとんど休むことなく働き続けるので
結構疲労している人も多いですね〜。

 

 

 

 

 

肝臓というと、お酒

このイメージが強いと思いますが

 

 

 

 

お酒を飲まなくても
肝臓疲労は起きます。

 

 

 

 

糖分の分解・貯蔵も肝臓が行うので
砂糖(おやつ)の多い人

ご飯の炭水化物(糖質)が多い人

 

 

食事が夜遅い人

 

 

ストレス環境にいることが多い人

睡眠不足な人

 

こんなことでも影響されます。

 

 

 

 

 

時々、明らかに肝の病証が出ているが

血液検査で肝機能が正常ですけど!

という方もいます。

 

 

 

 

血液検査で
異常があれば病的な状態です。

 

 

そういう数値には出ていなくても
カラダからのサインがあることも結構多いので

あくまでもカラダの状態から
紐解くってことですね!

 

 

 

 

 

 

じゃ、カラダからのサインって
どんなものがあるのか?

 

 

 

肝臓は体の右側にあるので
右半身に機能異常が起きやすいです。

 

 

 

 

 

例えば

 

右側の腰痛、背中の痛み
右脚の坐骨神経痛

 

右首、右肩のコリ
右腕の痺れやダルさ

 

 

 

 

こういう症状は
肝臓の新家などが関係する
反射するエリアにも出てきますし

 

 

肝臓が疲労すると
血流が悪くなり重たくなって
位置が下がってきます。

 

 

 

右のお腹の中で
肝臓が下がることで

 

右肩は下に引っ張られ
肩の高さを歪めてしまう

 

 

 

骨盤にも上から肝臓の重さが
のし掛かるので

骨盤も歪んで
腰痛や坐骨神経痛

 

または、股関節痛なども出ることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

さらに〜

肝臓のすぐ下には
右の腎臓があります。

 

 

肝臓の位置がずれてくると
右腎も影響を受けるので

 

 

 

腰痛、膝痛、神経痛、冷え性、頻尿など…
(他にもあるけど)

腎病証も出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、さらに〜

肝臓のすぐ上には横隔膜
(肝臓と付着しています)

 

 

こうなると横隔膜にも影響が広がり
呼吸の乱れもそうですが

 

お腹の中の血流低下にもつながります。

 

 

 

横隔膜は、内臓の血流に重要なんです。

 

 

 

便秘とか、胃もたれ、消化不良などの
問題も出てくるかもしれませんね。

 

 

 

 

他にも

筋肉疲労が取れない

 

目が疲れる、乾く
目の出来物

 

爪が弱くなる

 

イライラする

 

生理痛がひどいなど

 

 

東洋医学的な所見と
西洋医学での症状も一致しているんです。

 

 

 

 

 

 

 

パッと思うがままに書きましたが
ここに書いたのは

あくまでも「部分的な視点での影響」です。

 

 

 

 

 

 

 

内分泌とか、血液とかを考えれば
もっと深く関係性が出てきますが

 

専門的になりすぎるのと

日曜の朝は
そこまで頭が働きませんので
これくらいにしておきます(笑)

 

 

 

ま、全身は内側も外側も
すべて関係し合っているってことです!

 

 

繰り返す
右側の症状はありませんか?

 

 

 

首、腕、背中、腰、脚…

 

目の症状や、イライラ
乱れた食生活

 

もしかすると
肝臓疲労の影響かもしれませんね。

 

 

 

 

鍼灸やオステオパシーで
内臓疲労を抜きませんか?

 

そして、生活アドバイスで
再発しにくいカラダを作りましょう!

 

 

そうそう、左側の場合には
こちらの記事を参考にしてください。

2020年7月31日 「左側の腰痛と、左首方が痛い場合」
https://www.t-conditioning.info/archives/1363

 

 

 

ちなみに体内の活性化には
電解水素水もオススメです。

詳細はこちらの記事から
ご覧ください!

 

3人コラボだからできる!未来を作る「水の説明会」

 

 

……………………………………………………
365日メルマガ配信中!!
ブログ記事がメールで届く!

こばやし治療院メルマガ


【病気を見るな、人を見ろ】


ご登録はこちらから

登録後に不要になった際は
すぐに配信解除ができますので
ご安心ください。

 

もし、毎日受信されない場合は
再度アドレスをご確認の上、ご登録下さい。

長期的にエラーリストに載っているアドレスは
やむなく定期的に削除しております。

 

または(icloud/docomo)は
迷惑メール設定により受信されない場合もあります。
設定のご確認をお願い申し上げます。

 

当院の施術案内&料金案内はこちら

料金案内

 

☎︎:011-299-9952

「ブログを見て電話しました」
と、お電話ください。

 

【 こばやし治療院LINE 】から
お問い合わせも可能です。

友だち追加
「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

〒001-0016
札幌市北区16条西4丁目2-1LEE北16条ビル

1F地下鉄南北線 北18条駅
北18条西3丁目1番出口
(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口
(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分