札幌市・北区の鍼灸院|腰痛・頭痛・肩こり・痺れ・自律神経・スポーツ障害・婦人科症状
TEL: 011-299-9952
〒001-0016 北海道札幌市北区北16条西4丁目2-1 LEE北16条ビル1F

治療内容

治療方針

治療方針

当院は鍼灸院でありながら、オステオパシー(整体)などの手技療法も取り入れておりますので、 鍼灸が苦手な方・整体のみの方も来院されてます。
また、 手技はソフトで痛みの少ない方法を得意としてます。その点も安心のお声をいただいております。

また、温熱療法にも力を入れています。「冷え」は万病の元で慢性症状がある方には「冷え」が高い確率で潜んでいます。その「冷え」を改善するための生活アドバイスとコウケントー(光線療法)、湿熱ホットパック、お灸などもよく利用します。
治療(かかる費用と時間も含めて)は、あなたの身体、そして将来への投資です。

長く慢性症状を感じている場合は、身体の歪みや痛みなどを脳が誤った認識をしています。脳のリセット、自律神経系の適応、生活習慣の改善からは、三ヶ月以上の期間が必要になります。内部環境のリセットに要する期間です。

慢性症状が1回で劇的に良くなり、一回の治療で終了することは基本的にないとお考えください。
また、「治すため」の生活習慣を必ずアドバイスしておりますが、ほとんど習慣を変えない方は治る要素も低いです。

治らない腰痛でお悩みの方

治らない腰痛でお悩みの方

年々、腰痛でお悩みの方は増える傾向にあり医療費の比率も高くなってきています。病院へ行っても思うように改善しないとお悩みの方も多いでしょう。
​当院では腰痛治療には特に力を入れております。腰痛に関しての考え方や、回復への導き方などを知っていただきたいです。

<あなたの腰痛の本当の原因はなんでしょうか?>
あなたの腰痛はいつからですか?常に痛みを感じる状態(慢性痛)でしょうか?
それとも何かの動作をすると痛みが強く出る状態でしょうか?

腰痛の原因は様々で症状にも個人差があります。いままで整骨院や病院などで色々と試された方も多いでしょう。
そして、色々と試してきたけど思うように効果を得られなかったのは
もしかすると、原因と考えているところが違ったのかもしれません。
もしかすると、あなたの状態には施術方法が適切ではなかったのかもしれません。
もしかすると、治療の頻度・回数・タイミングなどがうまく機能しなかったのかもしれません。
そして、もしかすると治療と並行してのセルフケアや生活習慣の改善がもっと必要だったのかもしれません。
腰痛のほとんどは慢性的に進行し、「慢性腰痛・腰痛持ち」などと言われるように、すっきりと改善しないままの方が非常に多いです。
その背景には…

・姿勢の問題から生じる骨格の歪み
・歪みから生じる循環不良
・循環不良から生じる過剰な筋緊張
・筋緊張から生じるカチカチな背骨

このような負の連鎖があります。
そして、長時間の姿勢不良や循環不良、硬い背骨などから内臓が悲鳴を上げている腰痛もあると思います。腰痛と一緒に染み付いた体質の改善も必要になり、見落としているむくみ、冷え、内臓の状態などの関連症状もあるはずです。

身体の奥深くに浸透した慢性腰痛は、単なるマッサージや電気療法などではなかなか治りにくいです。
また、疲労の蓄積は筋肉から神経(メンタル)、内臓まで機能低下させてしまいます。

当院における腰痛治療は入念な検査から始まり、腰部に痛みが出る要因を問診からしっかりと探ります。

なぜ、筋肉が硬くなるのか?
なぜ、関節が硬くなるのか?
なぜ、痛みが出るのか?
痛みからの解放を1日でも早く達成させてあげることが、一番の目的です。
しかし、その「痛み」自体が人それぞれ過ぎて、すべてをここで説明することはできませんが、5回以内の治療で痛みは半分以下になる方がほとんどです。
肉体的な疲労のみではなく、精神的な疲れ(心労)も痛みには関連深いため、鍼灸や整体、光線療法を並行しつつ、自律神経の調和と深部の血流改善などを目指していきます。

痺れや神経痛でお悩みの方(ヘルニア・背骨の隙間が狭いなど)

痺れや神経痛でお悩みの方(ヘルニア・背骨の隙間が狭いなど)

手や足の痺れ・神経痛に悩んでいませんか?レントゲンで骨の隙間が狭くなっていると言われて諦めていませんか?その症状はもしかすると循環不良や関節運動の不具合から生じているかもしれません。当院では、関節運動、循環の改善などを主体とした治療を行っております。循環の解放は症状からの解放には非常に重要です。

<諦める前にご相談ください。>
痺れや神経痛を諦めていませんか?その痺れはいつからですか?
常に痺れている状態でしょうか?それとも、何かの動作などをすると痺れが出る状態でしょうか?
レントゲンや医療機関で様々な説明を受けた方も多いでしょう。そのような患者様でも、当院では日常生活で問題のないレベルまでになったケースが多いです。もちろん、神経症状(痺れ・痛み)はしつこいことも多いので、1~2回であっという間に改善なんてことはありません。
一般的に、神経症状と呼ばれる類は、気候・気温の変化などに敏感に反応したりもします。そのような点も重要なアドバイスポイントとしてサポートいたしております。

首や腰の骨に問題のある場合もありますが、肩・肘・手首・股関節・膝・足首などの関節由来のものも多いです。または、姿勢や筋肉の状態が絡むこともあります。
また、関節の運動性低下、骨運動の不具合によって起こる循環不良なども原因かもしれません。
画像のみではわからないところに問題が隠れていることもあるので、今の症状を諦めていたり、悩んでいるようでしたら是非一度ご相談ください。

月経痛・不順、冷え・むくみ、妊娠中・産後などの婦人科症状

月経痛・不順、冷え・むくみ、妊娠中・産後などの婦人科症状

女性特有の婦人科症状と呼ばれるものの多くは、身体深部の冷えや自律神経系の問題が絡んでいることが多いと感じています。例えば、月経痛にしても、「痛み」のみに着目せずに、冷え、むくみ、ほてり、そして月経周期と生活習慣などの様々な要因と一緒に対処していくことで良い方向への変化が見込めます。身体内部の変化は、お肌・お顔の状態にも影響し身体全体を不調に傾けていきます。
​なかなか改善しない不調にお悩みの方は是非一度ご相談ください。

<婦人科症状の治療>
こばやし治療院に通われている方の中には
生理痛・月経不順、貧血傾向、ほてり、むくみ、冷え性、肩こり・頭痛、腰痛、便秘・軟便傾向、肌荒れなどの女性に多いお悩みを抱えている患者様も多いです。
その肩こりは、頭痛や冷えも一緒に感じていませんか?
むくみが気になる方は、月経不順・生理痛や腰痛などもありませんか?
生理時期と肌荒れ、便秘なども感じていませんか?

症状というのは「肩こりだけ」「便秘だけ」「生理痛だけ」などのように、「ひとつだけ」ということは少ないはずです。ご自分の身体状態をよく思い出してみてください。
先ほどの下線部分症状に思い当たる節はありませんか?
身体の状態に深く耳を傾けながら、今の症状はどのような背景からの兆候なのか。
身体全体の統合を目指していく必要があります。

特に、身体深部の冷えは多くの方に見られます。鍼灸・整体・光線療法でのバランス調整・調和が自律神経とホルモンバランス、循環促進を引き出してくれ身体に無理のないようにしっかりと変化を促します。
長年の体質として定着している場合には、姿勢と自律神経の関係が負の連鎖を生み「冷え」「肩こり」「背中の疲れ」「腰痛」「頭痛」などを引き連れて、あなたの婦人科症状をさらに複雑にしているかもしれません。
姿勢の観察と調整で身体内部は変わってきます。鍼灸と光線はさらに効果を引き出します。

身体の状態は、お肌・お顔の状態にも影響し身体全体を不調に傾けてくるかもしれません。
肌は内臓の鏡です。内部が健康であれば、表面的な美も保たれます。
身体内部から健康と美容を引き出すため、当院では美容鍼灸も行っております。

内臓の不調も同時に対処しながら行う当院の美容鍼は、身体全体を元気にしてくれるとのお言葉をいただいております。
また、不妊相談、妊娠中のメンテナンス、元気な赤ちゃんを産むための体調管理なども承っております。妊娠中の方でも安心して施術を受けられるように事前にしっかりとした説明と、体調の聴取にも力を入れています。
​身体のお悩みも、美容のお悩みも、身体のことは一度ご相談ください。

産後ケア・妊娠中の体調管理について

妊娠中の体調管理について

妊娠中や産後などに治療を受けることに抵抗のある方もいらっしゃると思いますが、そんな方も是非一度読んでみてください。
妊婦さんの腰痛や、股関節痛などはとても良く耳にします。
近年では「マタニティ整体」という言葉も珍しくはなくなりました。妊娠中の整体に関してですが、特に症状がなければ勧んで受けなくても良いかもしてませんが、お腹が大きくなるにつれて、身体の重心や姿勢は変化してきます。
その結果「腰痛」「股関節痛」「背中の痛み」「肩こり」「足のむくみ」などお悩みはそれぞれでしょう。

こばやし治療院では妊娠中でも整体は受けられます。もちろん、「バキッ」としたり「大きく身体を捻ったり」「強く圧を掛けたり」なんてことは一切いたしません。

妊婦さんの身体へ合わせた安全で効果的な方法で実施します。

【妊娠中の整体へ良くある質問】
Q: うつ伏せになれないけど大丈夫?
A: 基本的に横向き体勢が中心です。お腹が大きくなる前にご本人の意向があり、治療に必要であれば短時間のうつ伏せも実施することがありますが、原則的に「負担になる行為」は行いません。


Q: つわりや妊娠中の体調不良でも大丈夫?
A: 限度にもよりますが、15分ほどの治療を受けられそうなら実施してみましょう。
ただし、基本的にはお母様のご気分次第の判断で結構です。
治療で「つわり」や体調不良が必ず治るとは言いませんが、関節の機能や循環を改善することで軽減することもあります。


Q: あんまり長い時間受けるのは怖い・・・
A: 妊娠中の治療(手技)は15分ほどです。どんなに長くても25分あれば終わります。
立っている姿勢でのバランスチェックと、お悩みの症状を確認してからの治療になります。

手技での身体調整に加えて、コウケントーによる温熱光線を15〜20分照射して終了となります。

すべて合わせて40分程度の所要時間です。(体調や身体状態によって変動あり)
決して痛くはありませんし、無理な方法は行いませんのでご安心ください。

※妊娠中の整体を考えている方へ「興味があるけど怖くて踏み出せない」「受けようか悩んでいるからもっと詳細が知りたい」
という方々へホームページ内の「お問い合わせ」からご質問ください。もちろん無料です。
妊娠中の整体は絶対に受けなければいけないものではありません。
ただ、当院では自信を持って提供しているものですので、もし検討されているようでしたら事前にしっかりと疑問や不安点を解消しておきましょう。

東洋医学から生まれた美容鍼

東洋医学から生まれた美容鍼

美容鍼灸は、肌表面のみにアプローチに留まらず、臓器など身体の根本に施術してゆきます。
「肌は内臓の鏡」という言葉があるように、体内環境の状態によってお肌の状態は大きく左右されます。どんなに肌に良いことをしても、体内環境に目を向けてアプローチしなければ、なかなか思うように成果を上げられないでしょう。
美容鍼は身体の根治を目的とし、バランスを失ったお身体を調整、身体の中から元気な“健康美”を目指します。

<東洋医学から生まれた美容鍼>
美容鍼灸は元々中国において、お顔の神経痛や神経麻痺の施術をしているうちにお肌も活性化され美容効果も認められたことより発展していったと言われています。
美容鍼の効果として期待できるものは…
お肌のハリ、化粧ノリ良好、小顔・リフトアップ効果、毛穴が目立ちにくくなる、歪みが整う、口角上げ、むくみ・たるみ、肌質改善(乾燥肌、脂性肌、混合肌)、目の下のたるみ、クマ、ほうれい線・額や眉間のシワ、などなど。
現在欧米では「コスメティックアキュパンクチャー」という名で、その高い安全性と効果を理由に、美容への意識が高いセレブリティやナチュラル志向の方々を中心に高い支持を得ています。

一回でも即効性があり効果を期待できますが、回数を重ねることでより一層効果を引き出します。鍼を刺すことでの効果は、体内環境を整えることで飛躍的にアップします。それは、鍼を刺した時の血管反応、循環改善、肌細胞の代謝能力、再生能力などが根底に関係し、これらの機能が整っている方が「効果の出やすい人」ということになります。
そのため、一回目よりも二回目、二回目よりも三回目というように、身体が整うにつれて毎回の効果が上がってきます。(内臓調整の鍼も併用します)
特に、月経不良などを含む婦人科疾患、冷え、むくみ、便秘、軟便などの消化器機能低下などの症状に心当たりがある方は、それらの症状によってお肌の状態が悪影響を受けていることが考えられるため、同時に改善しておくことを勧めます。(全身治療との併用)
医薬品を使用しないため、アレルギーや敏感肌の方も安全に施せます。当院における美容鍼は、お化粧のままで受けられますので、ご安心ください。
美容鍼の効果が出やすくなってきた = あなたの体内環境が整ってきている
美容も健康の一部ということを忘れずに。

自律神経やメンタルの疲労

自律神経やメンタルの疲労

あなたはいつから疲れていますか?  それでもまだ頑張り続けますか?
身体の不調は、身体からあなた自身への「警告」です。「もう頑張れない」と身体からのサインかもしれません。一度、自分自身の身体へしっかりと耳を傾けてみませんか?
​身体の声を聞くことで、少しずつ良い方向へ向かっていくことも。疲労は蓄積し、体質となり様々な不調を招く原因となります。

<身体と心の疲労>
このページを見ているということは、肉体的、精神的に疲労や不調を感じているのでしょうか。
精神(心・自律神経)と肉体は一体であり、両者のバランス・調和が「体調」となりあなたの状態を現してくれます。
今のあなたは自分の体調をどのように感じていますか?
慢性的な疲労が抜けにくかったり、睡眠の質が悪かったり、身体が重く感じたり、動悸や息切れなどを感じることから気分が晴れなかったりなど。

これらのような症状には、鍼灸・整体では自律神経の調整を目指し、背骨、呼吸、内臓機能などを調整していきます。
自律神経という言葉は聞いたことがあるかとい思いますが、実は自分でコントロールすることが困難なもので、日々の生活の中で休むことなく敏感に働いている神経なのです。
自律神経は身体の司令塔です。そんな自律神経の調和が乱れてしまうと、様々な症状で身体へ警告を出します。
単純な慢性肩こり、頭痛なんて思っていても実は自律神経(脳の疲労)が関連しているかもしれません。
人間の脳は痛みにも関連が深く、脳(扁桃体)の暴走は免疫機能の低下や、慢性症状を作り出すと言われています。そして 、その症状は海馬(脳内)に記憶され、身体へ染み付いていきます。

どんなに筋肉を緩めても、どんなに歪みを治しても脳や神経の疲労が大きいと、リセットされやすくなります。
この負の連鎖を変えるには、まず自分の身体をしっかりと理解することと、「心と体は一緒」で「病気と症状は別」であることを学んでいきましょう。
「まだ頑張れる」ではなく、「少し休もう」を選択するのは簡単ではないかもしれません。
まずは、治療院で疲れを癒し、少し一緒に考えましょう。
一人で悩まず、いつでもご相談ください。

当院へのお問い合わせ

TEL 011-299-9952 TEL 011-299-9952                
当院は予約優先制でございます。
※キャンセルポリシーはこちら

営業時間 午前9:00~11:30 午後14:00~20:00
※土曜日の午後は16:00までとなります。
定休日 日曜日・祝日

メールでのお問い合わせはこちら