院長 小林 大介 の毎日更新ブログ
ご覧いただきありがとうございます!

当院は完全予約制の治療院で
すべて自由診療「保険を使わない施術」

1回でも変化がわかる
『保険治療では得られない効果』をご実感ください。

新規予約の方は、1日2名まで。

 

【9月の休診】
・9/2(水)午後 学校講師のため
・9/4(金)〜9/7(月)地方出張のため
・9/12(土)

 

2020/9/12  No.717

■  自己主張できないのは誰を気にしているの?
「相手の人生を生きちゃダメ」ってよく言うけど

 

 

昨日は、久しぶりの
当日キャンセルをくらい…

 

その時間帯に、別な方の
問い合わせをいただきながら

予約があるため(キャンセルされましたが)に
お断りした方にも申し訳ないな〜…

と、少しテンションダウン…(笑)

 

 

 

 

 

でも、このまま
ずっと気にしていたら

”相手の人生を生きる” ことになるので
さっさと切り替えて

次の方の治療に全力を注ぎました。

 

 

 

 

この

”相手の人生を生きる”

って意味、伝わりますか?

 

 

 

 

 

自分以外の”誰か”のことを気にして

自分の判断や、選択、感情を

その”誰か”を基準にしてしまうこと。

 

 

伝わりますか?

 

 

 

 

 

例えば、僕が
キャンセルされたことを

ずっと気にして…

 

治療や、他の患者さんへの対応が
ブレてしまったり

キャンセルした方のことを
ずっと気にしていると

 

自分の軸からブレブレで
相手の基準で考えて、行動しているので

まさに相手の人生を生きている状態。

 

 

 

 

 

ここから先は
言いたい放題の辛口で行きますよ?

 

嫌な人は
読むのをやめてくださいね(笑)

 

 

 

 

他にも、治療院で
時々見かけるのが…

 

 

 

 

親子で治療に来ている患者さんで

 

お子さんの治療方針や予約など

すべて、親御さんが
前面に出てきて
決めるパターン

 

 

 

 

 

もし、お子さんが
5歳とかなら

この先の方針を話していくときには
もちろん親御さんにも聞いてもらいます。

 

5歳でも
本人から話を聞きますけどね!

 

 

 

 

 

ただ、もし

そのお子さんが
成人していたらどうでしょうか?

 

 

病気だの、精神的に不調だの
関係ないですよ。

 

 

自分の子どもを
信じていないだけですから。

 

 

 

 

年齢的には立派な大人

でも、親御さんが
すべてを判断してしまうので

 

全く自分の意見がない…

 

 

 

 

 

 

どうなっとるんじゃ!!

 

 

って、思いますが

 

 

 

 

この場合、お互いに
”自分” がめちゃくちゃなので

 

一回離れたほうが
治療も自立もうまく進みます。

 

 

 

でも、お互いに ”依存” も強く
離れられない。

 

 

 

 

 

 

 

治療って

本人がどうしたいか?

なんです。

 

 

 

大人でも、子どもでも。

 

 

 

家族の希望は、もちろん大切。

家族ですからね。

 

 

 

 

ただ、本人が
望んでいる方向や

望んでいる結果しか出ないのも
人間の仕組みです。

 

 

 


 

 

 

家族や、親の目や意見が気になって
自分の意見が言えない

 

いつも決めてもらってきた

 

 

 

そんな方に会うこともよくあります。

 

 

自分の意見はないんか!!

って、思うけど

 

 

 

 

よく聞いて見ると
ちゃんと自分の意見はあるんですよね。

 

 

 

 

ただ、それを
表現したり、主張することを

遠慮していたり
諦めているだけで。

 

 

 

 

ここで生まれる小さな自己否定が

自分の免疫が自分を攻撃する難病
リウマチなどの自己免疫疾患に関係します。

 

 

 

 

この思考はどこからきた?

 

誰の影響だ?

 

 

 

以前も書きましたが

子どもの不調・病気は
大人(親)の責任です。

 

 

 

 

 

 

「私も頑張っている…!」

とか思っていても

 

 

 

広い意味では
今も、この先も

子どもほうが苦しみ
頑張っていくわけですから

 

優先順位が違うだろ。

と、僕は思います。

 

 

 

 

 

 

子どもの頃に
わがまま通して自分を主張した
あのエネルギーこそが

 

 

 

自分が変わりたい!

 

 

成長したい!

 

 

進みたい!

 

 

手に入れたい!

 

 

 

 

 

治りたい!

 

 

治したい!

 

 

生きたい!

 

 

って人生の底力になるんだと。

 

 

 

この自己主張を
「わがまま」だと教えられれば…

 

 

 

きっと、誰かの目を気にして
判断ばかりしますよね。

 

 

 

 

 

だから、治療院に時々くる
患者さんの子どもたちでも

自己主張の強い子を見ると
頼もしくて

ニヤニヤしながら
話しかけちゃいますね(笑)

 

 

 

 

主張の仕方は色々あるけど

「主張する」こと自体が大切。

 

 

 

主張できない子どもたちは

アトピー、喘息、アレルギーなど
カラダの不調で親に主張します。

 

 

 

 

我が子も自分の人生を
最優先で生きられますように。

 

僕らの在り方が
責任重大です…(笑)

 

 

 

9月も電解水素水の説明会やります!

 

水とカラダの話から
運動や栄養、治療に水分が
どう効果引き出すのか?

 

そもそも、電解水素水ってどんなものなのか?
水素水と電解水素水は別物なんです。

 

栄養の摂り方
細胞を元気にする方法は?

 

本当は怖い。
水道水のウラ話

 

電解水素水プラヴィアの紹介

 

 

 

9/29(火)
19:30〜21:00

 

 

zoomのお問い合わせは
こちらの治療院LINEから!

友だち追加

LINEでID パスワードを発行

 

 

院長推薦!
電解水素水使い放題の整水器

【水素整水器プラヴィアの勉強会】

をzoom無料配信します!

 

当院は、水素整水器プラヴィア取り扱いの
グラントイーワンズ正規代理店です。

 

 

zoomのお問い合わせは
こちらの治療院LINEから!

友だち追加

LINEで ID発行になります。

……………………………………………………
365日メルマガ配信中!!
ブログ記事がメールで届く!

こばやし治療院メルマガ


【病気を見るな、人を見ろ】


ご登録はこちらから

登録後に不要になった際は
すぐに配信解除ができますので
ご安心ください。

 

もし、毎日受信されない場合は
再度アドレスをご確認の上、ご登録下さい。

長期的にエラーリストに載っているアドレスは
やむなく定期的に削除しております。

 

または(icloud/docomo)は
迷惑メール設定により受信されない場合もあります。
設定のご確認をお願い申し上げます。

 

☎︎:011-299-9952

「ブログを見て電話しました」
と、お電話ください。

 

【 こばやし治療院LINE 】から
お問い合わせも可能です。

友だち追加
「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

〒001-0016
札幌市北区16条西4丁目2-1LEE北16条ビル

1F地下鉄南北線 北18条駅
北18条西3丁目1番出口
(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口
(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分